スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRXを組み立てよう その13 リヤブレーキ分解清掃

20110722

だいぶできあがってきたぞ。 さあ、あと一息だ! 

ブレーキはとりあえず取り付けてはいるが、前後ともスカスカでまったく効かないので分解清掃を行う。
まずは、リヤブレーキのマスターシリンダー。
見かけはきれいだがブレーキフルードが漏れているマスターシリンダーと
IMG_2422_20110722222422.jpg

見かけは悪いがブレーキフルードは漏れてないマスターシリンダーを2個1にする。
(ブレーキは前後とも数セットずつあるのだ)
IMG_2423_20110722222421.jpg


サークリッププライヤーを使って分解する。
IMG_2424_20110722222420.jpg


写真の通り、左はどろどろ右はきれいな状態。 当然右を使う。
IMG_2425_20110722222419.jpg


左2本はマスターシリンダーを押すロッド。 こちらは左側を使用。
IMG_2426_20110722222419.jpg


カップの中をパーツクリーナーできれいにして元通り組み付けて完了。
IMG_2427_20110722222418.jpg


次にキャリパーの清掃。
IMG_2428_20110722222510.jpg


左右を繋いでいるボルト2本を外し、分解。
IMG_2429_20110722222509.jpg


ブレーキフルードの通路からエアを送って、
IMG_2430_20110722222509.jpg


キャリパーからピストンを少しずつ押し出す。
IMG_2431_20110722222508.jpg


固着はしていたものの、ピストンは2個ともきれいでピストンシールにも傷みはなかった。
IMG_2432_20110722222609.jpg


ブリーダースクリューは、錆がひどかったので
IMG_2433.jpg


別のキャリパーについていた
IMG_2434.jpg


あまり錆のないスクリューと交換した。
IMG_2435.jpg


パーツクリーナーと歯ブラシを使って汚れを落とす。 内部はフルードの固まりもなく思ったよりきれい。
エアを吹いて水分と小さなゴミを吹き飛ばしておく。
IMG_2436.jpg


見た目は骨董品みたいな缶だけど、中身は大丈夫。
IMG_2437_20110722222713.jpg


キャリパーにピストンをはめ込む前に、ピストンシールにブレーキフルードを塗る
IMG_2438_20110722222711.jpg


ピストンは極細コンパウンドで摺動部をつるつるになるまで磨き上げた。
IMG_2439_20110722222711.jpg


専用工具なんて持ってないので、乱暴だけどこんなにしてキャリパーにピストンを打ち込む。
IMG_2441_20110722222804.jpg


斜めにならないよう、慎重に打ち込み終わったところ。
IMG_2440.jpg


元通り組み立て終わったところ。
IMG_2442.jpg


ブレーキパッドの裏に薄くグリスを塗って、キャリパーに組み込む。
IMG_2443_20110722222802.jpg


これでキャリパー完成。
IMG_2444.jpg


車体に取り付けて、ブレーキフルードを入れ、エア抜きをして終了。
IMG_2445.jpg

カッチリとした踏み応えがよみがえった。
関連記事

コメント

非公開コメント
counter
profile

 拓迅

Author: 拓迅
Yahoo blog はこちら

 
にほんブログ村 バイクブログへ
category
calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
online visitor
recent article
Recent comment
データ取得中...
archive according to the month
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
QRコード
QR

Pagetop
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。