スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車検で走り回った一日 その③

20100819

今回の車検で一番大変だったのが、このCX100である。 いろいろと問題もあり(とは言っても私自身の整備上の問題)、外車は初めてだし、わからないことだらけで通らない可能性も高いと思って最後にしたのは正解だった。

先ずはスロットルワイヤー。6月の車検が切れる日にスロットルワイヤーも片方切れてしまった。キャブが交換されているため純正品は使えず、ワンオフで作るしかない。少しでもお金を節約したいワタシは、アウターはそのままでインナーだけ交換する暴挙に出た。(今までこんな事はしたことないのだ)
案の定、合わせたはずの左右の長さは合わず、それを調整するためアウターを切り詰めると逆に差が出て、さらに切ると遊びが大きくなりすぎて・・・「負の連鎖という」
その上、当時のイタ車は国産と違ってグリップ側の精度が甘く太鼓がうまくかみ合わない。やはり、親分が言うとおり、専門の業者に頼んで作ってもらうべきだった・・・「急がば回れとはこのことだ」

それでも何とか工夫して、走ることはできるところまではした。たったこれだけのことに丸1日半を費やしている。(最後は嫌気がさしてきた。)車検がとれたらきちんと作り直してもらうことにしよう。
IMG_1791_20100818225400.jpg


マフラーはラフランコーニに替えられている。ちょっと音量が大きいかなと思うけど、いまさら交換する時間もないので、そのままにする(いい加減な性格)。また、タロッティのバックステップに交換されているため、ビリオンステップがない。 家にあるバイクを見渡して、CBXから外して取り付けてみた。 ピッタリ!
IMG_1819_20100818225359.jpg

それよりも何よりも一番気になるのはヘッドライト。夜道を走るのが怖いくらい、とにかく暗いのだ。でも今までこれで車検通ってきたのなら・・・


11時30分、3度(いや先の2台で2度ずつ通ったので5度か)検査ラインの入り口にいた。
検査官が来る前に灯火類のテストをすると、なんと右のウインカーが点滅しない。接触不良は直していたはずだったのになあ。以前に症状が出た時にシートを少し浮かすと点滅していたので同じようにしてみたら点滅した。
ほっと胸をなでおろした(本日3度目)

待っていると検査官がやってきた。今回は毎回同じ検査官で、また来たかという感じ。 でも少し親しく話せるようになっていたりもした(^^ゞ
先の2台と同じように検査を進める。

「エンジンの型式の刻印はどこですか?」

「さあ、知りません。」

5分ほどエンジンをなで回すように見て 「あった!」

じっと待っているとホイールを一所懸命に見ている。

「どうかしたんですか?」

「ホイールにはメーカーか、JWLの刻印がないと車検通らないんですが、どちらも見あたらないんですよ」

「今までこのままで車検受けてきているらしいんですけど・・・」

検査官がもう一人やってきた。二人ではいつくばってホイールを見ている。

5分ほどホイールをなめるように見て 「あった!」

検査官が指さすところ(リム部)に虫眼鏡で見ないと見えないような「MOTOGUZZI」の刻印があった。
さすがプロだ。

「えーっと、ハンドルロックは・・・」

「はいはい、ここに・・・」

「あ、この年式はなくてもいいですね」 あららら。

「それではラインに入ってください。」 あれっ、排気の音量は???

エンジンを掛けても何も言わない、GBより遙かに大きな音なのに。 これも年式によるのかな?


ラインに入り、問題のライト検査 どきどき どきどき どぎどき

結果は「×」やっぱりか。

「少し上向いていますね、それから光量が全然足りません。15000カンデラ必要ですが11000カンデラしかありません」

「これで今まで車検通ってきてるんですけど」 食い下がってみる。

「とにかく基準を満たしてもらわないとどうしようもないですね。」 当たり前の話。

3度、ライトで落ちてしまった。 しかも今度は向きじゃない、光量が足りないという根本的な問題だ。


困った、正直とても困った。どうしよう・・・
そうだ、困ったときのレッドバロン頼みだ! 陸運支局を出たワタシは一直線にバイク屋へ。事情を話すと

「100/90W」の電球と替えてみましょう、古いバイクは光量が足りないことは多々ありますよ。」

電球を借りて帰り、交換して午後1時からの第3ラウンドの検査に備えた。 
「これで大丈夫だ」自分に言い聞かせる。

そして、本日6度目の検査ライン。 今日がお盆でよかった。普通の日だったら込んでいてこうはいかない。

「どうぞ~」

「ワット数の大きい電球に替えてきました」

「それでは測ってみましょう」


果たして結果は・・・


またしても 「×」

「さっきよりも下がっていますよ、10700カンデラしかありません。」

「何ででしょう、100/90W入れてきたのに・・・」

「残念ですがどうしようもないですね。」

バイク屋に戻り結果報告をする。

「これでだめだと言うことはとりあえず今はどうしようもないですね。」

借りていた電球を返して家に帰った・・・「万事休すか」
いや、まだ1時40分だ。まだあきらめるものか。
必死にない頭を絞って考えた。

今日も気温は37度を超えている。暑くてボーッとしているが負けられない。水分を取りながら閃いた。

「そうだ」

CBXのヘッドライト回路に後付のリレーが付いていたことを思い出した。これを外して移植してみよう。
IMG_1815_20100818225358.jpg


なりふり構わずCBXの分解を始めた。とにかく時間が惜しい。急がなければ。
IMG_1816_20100818225357.jpg


そして、1時間後・・・
IMG_1813_20100818225357.jpg

CX100にリレーは無事移植された。 配線をぐちゃぐちゃにされたCBXは無惨な姿になってるが仕方ない。
そして、ライトスイッチ 「オーーーーーーーーーーーン!」

うおおおおおおーっ! これは明るいぞ! これならいけるはずだ。
沈んでいた心に一筋の光が差した(外はめちゃくちゃ明るいけど)

このままラインを通しても良さそうな気がしたが今度が3回目、もし落ちると今日はもう受けられない。
念のためもう一度バイク屋に行き、光量を測ってもらう事にした。

「リレーつけたら明るくなりました、測ってください。」

結果は、20000ルーメンしかなかったのが60000ルーメンまであがっていた。なんと3倍だ。 もう絶対大丈夫。
返す足で陸運支局へ。 途中スロットルワイヤーが片方外れて片肺になったけど、動けばいい。よたよたと検査ラインに到着。スロットルワイヤーを直してからラインに入ろうと思っていたのに、誰もいないものだから検査官は

「さあ、どうぞ~」

「ちょっと修理してから」などという勇気もなくそのままラインへ・・・アイドリングはするからいいか。

そして、ついについに、3回目にして 「○」のランプが点灯した!

「ものすごく明るくなりましたね、どうしたんですか?」

「リレーを入れてきました」

こうして3台目のCX100も検査を通すことができた。 あきらめないでよかった、がんばった甲斐があった。


2台分の新しい車検証をもらい、CBX550Fのナンバープレートを交付してもらい、そして灼熱地獄の中外れてしまったスロットルワイヤーを修理して、バイク屋で費用を支払い、家に帰ったときは午後4時を回っていた。
安心感からどっと疲れが出て、もう何もする気力は残っていなかった。

考えてみれば、すべては自分の準備不足から来たことで降って沸いたトラブルではない。これほど原因と結果がはっきりした自称はないといってもいいくらいだ。 反省~・・・

それにしてもこんなに疲れた車検は初めてだった。 

おしまい。
関連記事

コメント

No title

お疲れ様でした。
しかし、根性で通しますねぇ!

最後のヤツは前の持ち主同様に色々とありますなぁ!

お疲れ様でした

 猛暑の中 三台車検 お疲れ様でした。行ったり来たり はらはらドキドキ 大変でしたね。終わって どっと疲れがでてないですか? 今度は ツーリングですね(笑)

お疲れでした♪

ワイヤー2本引きなんですね~。
同調取るのが大変そうですね~。
TZR250Rのアクセルワイヤーが流用出来れば1本から2本に分岐してますよ。
同調取るためのイコライザーも付いてますし。
後は太鼓の大きさが合うかどうかですね~。
家に1本転がってるんじゃないかと思うので探して見ますね。

No title

お疲れさまでした。
僕だったら二度で諦めていたことでしょう。

さあこれからはCBXを元に戻さないとね!

>宗吉さん

疲れました(^^ゞ
もう意地ですよ!
だって次はいつ行けるかわかりませんから・・・
実際、お盆明けた途端に仕事の予定がびっしり詰まってしまいました。9月にならないと平日は時間とれそうにありません。なのでよかったです。

最後のはあばたもえくぼでかわいいですよ。
オリジナルを崩したくない気持ちもありますが、信頼性のため、部品を一部国産車種から流用しようかとも思っています。

>satoさん

最近の車検はこんなのばっかりです。
実はSRの時もそうでした。(結局そのことの記事書いてないんですけど・・・)
どれもこれも古くなっていくばかりなのでいい加減ではいけませんね。

さあ、これからはツーリングです♪

>すーさん

そうなんですよ、同調が涙ものです・・・
すーさんの書き込みグッドタイミングでした。
何か流用できないか、相談しようと思っていたんですよ。
一度お会いしてアドバイスいただきたいです。

>サリサリさん

わたしも家に帰ったときは諦めていました。
からだを冷やしたらリレーのことをふと思い出したもので(^^ゞ
お陰様で無事取得することができました。
ただ、この後の修理の方がもっと大変みたいです。

CBXもきちんと元に戻してあげないといけませんね。
非公開コメント
counter
profile

 拓迅

Author: 拓迅
Yahoo blog はこちら

 
にほんブログ村 バイクブログへ
category
calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
online visitor
recent article
Recent comment
データ取得中...
archive according to the month
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
QRコード
QR

Pagetop
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。