スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウッドデッキ 4.進化形

20100810

殺風景になったテラスを見て感傷に浸る間もなく新しいウッドデッキの制作が始まった。 ある程度のイメージはできているものの、ウリンを使ったウッドデッキは実際には見たことがないので、頭の中は期待と不安が交差する。

図面に基づき束の高さ合わせから始まった。
IMG_1650.jpg

家の壁側の位置決めをし、基準とする。
IMG_1652.jpg

墨を引いて(実際は跡が残らないように墨の代わりにチョークの粉)束を置いていく。
IMG_1654_20100810210004.jpg

水平を出すために丁寧に一本ずつ切り出す。
IMG_1655_20100810210003.jpg

レーザーレベルを使って一本一本、高さの微調整。 これで仕上がりが決まるのでものすごく丁寧で慎重な作業が続く。
IMG_1659_20100810210002.jpg

ここで、ハプニング発生! あまりの暑さに一人の大工さんが熱中症で倒れてしまった。大事にならないように木陰で休んでもらう。 ペースダウンとなったが、炎天下の中作業は続く。 噴き出す汗をぬぐい、大量に水分を取りながら、30分に一度の休憩のパターン。 見ているだけでも具合が悪くなるくらいだ。
IMG_1661_20100810210001.jpg

束が決まったところで、根太を固定していく。
IMG_1667_20100810210051.jpg

そして幕板を貼る。
IMG_1669_20100810210051.jpg

階段が付く予定のところに手すり用の柱を立てる。
IMG_1675_20100810210050.jpg

このウリンという木、硬すぎて釘は打てない。 それどころかインパクトドライバーを使ってもコーススレッドもねじ込めない。 そのため、キリでコーススレッドの長さの穴を開け、ドリルで頭を埋める部分を削り、最後にインパクトドライバーでコーススレッドをねじ込むという3段階の過程を踏まなければならない。 実際、キリで開けた穴が浅いと、最後までねじ込むことができないのだ。 まるでタップを切った金属にボルトをねじ込んでいるみたいだ。 手間のかかる作業だ。
IMG_1678_20100810210049.jpg

そして床板を張っていくのだが、作業を見てびっくり。 ツーバイ材の時は木の膨張を考えて割り箸一本分の隙間を空けて張っていたのだが、今回は隙間を空けずにピタッとくっつけて張っていくのである。 聞くと、ウリンは収縮はあっても膨張はない(乾燥していない)ので、家の中のフローリングみたいにきっちり張っていってかまわないそうだ。 これはいい! 板と板の隙間からゴミが下に落ちることもないし、歩いていて引っかかる心配もない。
IMG_1681.jpg

順調に作業は進んでいたのだが、ちょっとスト----ップ!
IMG_1685_20100810210048.jpg

やっぱり気になる・・・

図面ではL字型になっている凹んだ部分が気になるのだ。 ここは元のウッドデッキでは三角形の階段があったところ。 コンクリートの基礎もその形になっている。 このまま図面通りに作るとこの三角形がそのまま顔を出すことになってしまう。 最初はそれでもいいかなと思っていたが、制作が進んでくると具体的な仕上がりが頭に浮かぶようになってきた。 デザイン的にいかがなものか。 このままではきっと後悔することになるだろう。
IMG_1784_20100809204141.jpg

設計変更だ!
関連記事

コメント

ウリンで作ったんですね~

ウリンで作られたんですね~。それはしばらくノーメンテでいけそうで良いですね~。
毎年のメンテで再塗装とかしてたら、案外初期投資だけで安くなったりしないですかね?

テラス作るならウリンが良いな~とか思ってますが、現実敷地もお金もないので、自分は夢のまま終わりそうです。

>息吹さん

基本的には水で洗っていればいいそうです。
手入れは抜群に楽ですね。
朽ちないことを考えれば、初期投資どころかかなり安いでしょうね。
この材料、前のウッドデッキを作ったときはまだ輸入が許可されてませんでした。

ちょっとした面積だったら、材料だけ買って自分でゆっくり作るのもありかなと思いますよ(^^)

No title

階段の追加ですね。
承知しました!

追加料金をいただきましょうか~!!

No title

納得のいくように仕上げてくださいね。

で、バーベキューパーティーはいつ??

>宗吉さん

惜しいな~。
でも追加料金発生は正解です。

>サリサリさん

はい、そうさせていただきます。
パーティーは・・・
マジで答えると今年は受験生2人抱えているからなあ。
思案のしどころです。
非公開コメント
counter
profile

 拓迅

Author: 拓迅
Yahoo blog はこちら

 
にほんブログ村 バイクブログへ
category
calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
online visitor
recent article
Recent comment
データ取得中...
archive according to the month
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
QRコード
QR

Pagetop
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。