スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウッドデッキ 3.再び

20100809

 朽ちたウッドデッキを解体してしまい、コンクリートのベタ基礎だけがむなしく残った庭先。 エアコンの室外機も切り取られた残骸の上に淋しく乗っている。 構造物が無くなったので庭は広々となったのだが、このままいびつな形の基礎だけが残るのでは見た目もよろしくない。
 さあ、どうしようか。
IMG_1643.jpg




○ウリン(別名ビリアン)
ビリアン(ウリン)材は東南アジアで最も重硬かつ耐朽性の高いと言われているハードウッドデッキ材です。
現地ではビリアン(ウリン)は家の外壁や桟橋などに使われ、100年腐らないといわれています。
ビリアン(ウリン)材は圧倒的なサイズバリエーションがあり、ウッドデッキ・パーゴラ・ウッドフェンス等外部での様々なシーンにとても使いやすい木材です。 まさに世界最強のウッドデッキに最適な材だと言えます。
IMG_1783_20100809204141.jpg
○ビリアン材(ウリン材)の特徴  
非常に重く硬い材で、しかも絶大な耐朽力。
表面は美しく、ねじれや反りも少ないので、耐朽性を重視する方には一押しのデッキ材です。
圧倒的なサイズバリエーションがありますので、歩留まりのいいのもうれしい限りです。
ビリアン(ウリン)の赤っぽい色は、ポリフェノールによるもの。 心材には大量に含まれており、白蟻やフナクイムシなどに対して絶大な耐朽力があります。



話は2年ちょっと前にさかのぼる。
 2008年6月24日のランチクルーズの記事の最後に「実は裏があって」と書いていたのだが、これは建設会社の住宅設備や資材の展示会を見に行き、そのツアーに食事が入っているというものだった。 拙宅も建築して10年以上経過してあちこちガタも出てきだした頃でもあり、最新式の設備は機能性・デザインどれをとってもすばらしいものばかりで、物欲をかき立てられた。
 とはいうものの、今の家で困っていることもなく目の保養に徹することにした。 広い展示場をあらかた見終わった頃、私の目に飛び込んできたものがあった。

 上に引用した「ウリン」を扱っている業者のブースだ。 折しも我が家のウッドデッキが朽ち始めた頃だった。 この能書きを見て気持ちが動かないわけがない。 説明を聞くと日本の気候でも50年以上は大丈夫だという。 家の寿命と代わらないではないか。 その時はまだウッドデッキも使えたし、作り替える予算もなかったので、ぐっと我慢して見本だけをいただいて帰ってきたのである。(写真の木材)


 あれから2年、いよいよウッドデッキがどうにもならなくなり、いろいろ思案していたときに心の奥にしまい込まれていたあの日のことが思い起こされた。

 「きっと高いんだろうなあ、安い2×(ツーバイ)材でもあれだけ費用がかかったんだし、とても手が出ないかも」

あたって砕けろ! 聞くのはただだ。 思い切って連絡を取った。

数日後、見積もりを取るため業者がやってきた。

今度は、手すりもラチスもパーゴラもいらない。 開放的なデッキにしよう。(予算もないし) 
基礎にあわせてシンプルな図面を引いた。
IMG_1784_20100809204141.jpg

びっくりするような見積もりがきたらどうしようと思いつつ待つこと数日。 返事が来た。



安くはなかったが、いろんなことを切り詰めれば何とかなりそうな金額の見積もりだった。

 「今度は一生ものじゃないか。」

自分に言い聞かせた。 そして清水の舞台から飛び降りた。







 さあ、建築開始! もう後戻りはできない。
IMG_1603_20100809204140.jpg
関連記事

コメント

No title

これ、確かに安くはないでしょう!
2×4は所詮乾燥材、水分を吸ったらボロボロですもんね。

No title

うちも2X4のパイン材でサンデッキ自作してますが・・・朽ち果てたらどおしよう?(;一_一)

ウリン!初めて知りました!!(^_^)v

楽しみですね。

こちらへの訪問が遅くなってました。こう言う事だったんですね。

それにしても、プロ並みの図面です。
完成が楽しみですね。

No title

さあ、バーベキュー大会はいつかな~?

楽しみ楽しみ♪

>宗吉さん

ツーバイ材は構造材として中に使用する分はいいですけど、外はそのままではだめだということがよくわかりました。

今度の材料は・・・いいですよ~♪

>まささん

業者さんに聞いた話ですが、ペンキで全部を塗ってしまって、水に濡れないようにすればいいそうです。 ペンキの見た目がいやだったら、キシラデコールなどにペンキを半分ほど混ぜて塗るという方法もあります。
どちらにしても、パイン材は弱いので、木材自体を濡らさないことですね。

ワタシの場合は知ったときは既に手遅れでした。

>博多の多苦人さん

ご訪問ありがとうございます(笑)
はい、そういうことでした~。

アクセス数はヤフーより多くてもコメントはほとんどないんですよね(^^ゞ

>サリサリさん

涼しくなったらしたいですね~(^^)
マスターに腕ふるってもらおかな(^^ゞ
非公開コメント
counter
profile

 拓迅

Author: 拓迅
Yahoo blog はこちら

 
にほんブログ村 バイクブログへ
category
calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
online visitor
recent article
Recent comment
データ取得中...
archive according to the month
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
QRコード
QR

Pagetop
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。