スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公道デビュー間近! Ⅰ

20100804

 原付だからナンバーもすぐにとれるし乗ろうと思えばいつでも乗れるからと、整備を延ばし延ばしにしていたら、あっという間に9月経過してしまった、昭和41年式のC100。
IMG_0860-1.jpg

 適度に歴史を感じさせるヤレ方だし、このままでも乗れないことはないけど、ワタシの性格上きれいにできる部分はやはりきれいにしたいとの思いは強い。
IMG_0861.jpg


きれいな部分もあるけど
IMG_0859_20100804205745.jpg


全体的に、オイル汚れやアルミ錆、
IMG_0852_20100804205744.jpg


メッキの曇りや
IMG_0851_20100804205743.jpg


鉄錆びと、かなりくすんでいるが、磨くだけで往年の輝きを取り戻すことができると思われる。
IMG_0857_20100804205742.jpg


ようやく重い重い腰を上げることにした。


割れていたフロントフェンダーは、
IMG_0862.jpg

とりあえず特殊接着剤で補修。 くっつきはしたけど走ったらまた外れるかなあ。
IMG_0863.jpg


この世にこんなに重いスロットルがあるかと思うくらいに渾身の力を込めないと動かないアクセルワイヤー。
分解してから懐かしい思いがこみ上げた。 何十年ぶりに見るだろうか、スライド式のスロットル。
IMG_0871.jpg

分解して40数年もののグリスをきれいに洗い流す。
IMG_0872.jpg

油が完全に切れているにもかかわらず錆びていなかったワイヤーにもしっかりと注油。
IMG_0873.jpg

新しいグリスをたっぷりと塗り、
IMG_0874.jpg

組み立てると先ほどまでの重さが嘘のように軽くなった。
IMG_0876.jpg


オーバーフローしていたダウンドラフトキャブレターは、分解してクリーニング。
IMG_0869.jpg

意外と中はきれいだったが、
IMG_0877.jpg

組み直すとオーバーフローは止まった。 
IMG_0897.jpg


メッキパーツは外せる分外して花咲Gのなかへ!
IMG_0879.jpg

ひどい錆ではなかったので、まあまあきれいになった。
IMG_0893.jpg


疲れたので続く。
関連記事

コメント

非公開コメント
counter
profile

 拓迅

Author: 拓迅
Yahoo blog はこちら

 
にほんブログ村 バイクブログへ
category
calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
online visitor
recent article
Recent comment
データ取得中...
archive according to the month
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
QRコード
QR

Pagetop
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。